剪定をしてもらいましょう|面倒な作業はプロに任せる

木を伐る場合

木

庭木の伐採を行う場合には、木の成長が休止している時期を選ぶとスムーズに作業が進みます。一般的には、秋から春先にかけて伐採に適した時期です。平均的な気候の地域であれば、11月から3月ごろが適当と言えます。こういった成長の休止期には概して木の水分が少なく、作業が容易に行えるのが一つの利点です。また、伐採した後に虫などが付きにくくなります。伐採の時期は、伐った木を用材として使用する場合には特に重要です。適切な時期を選んで伐採した木は、用材としても相応の価値が発生します。従って、杉やヒノキなどの場合は製材して売却することも可能です。ある程度の規模で伐採作業を行うケースでは、特に適切な時期を見計らいます。

伐採作業には、一定のコストがかかります。専門業者に作業を依頼する場合には、日当などが発生するのが常です。このようなコストを出来るだけ抑えるためには、伐採後の木材を買い取ってくれる業者を探すのが一つの方法と考えられます。木材の質によっては、木を伐る費用と木材代が相殺されるケースもあるのが本当のところです。ちょっとした工夫をすることで、コストフリーで伐採が叶います。木の伐採は、実のところ様々な業者が請け負っています。専門の職人はもちろんのこと、木材を日頃使用する建設業者に依頼することも場合によっては可能です。木材を直接買い取る業者であれば、中間的な費用が発生しないためさらに経済的なメリットが期待出来ます。